DX関連ニュースや事例、ソリューションのご案内。

米企業3社の予測分析モデルを考察

1.ロールス・ロイス(Rolls-Royce)

予測分析の目的:メンテナンスの最適化

世界3大航空機エンジンメーカーに選ばれるロールスロイスは、予測分析を構築し、エンジンから排出される炭素量を大きく削減しながら、メンテナンスを最適化して、航空機の寿命を伸ばすことができる支援を行っている。

ロールスロイス社の「Intelligent Engine」プラットフォームは、各エンジンの飛行方式、飛行条件、パイロットの使用方法を監視します。そして、そのデータにマシンラーニングを適用して、個々のエンジンに基づいてメンテナンススケジュールと計画をカスタマイズする。  

2.The DC Water

予測分析の目的:水道管の破裂を事前に防ぐ

AIを活用して水道管のCCTV映像を確認して欠陥を分類するためのツール「Pipe Sleuth」を構築した。The DC WaterのCIO兼IT担当副社長トーマスクチンスキーは、このツールについて「高度なディープラーニングニューラルネットワークモデルを使用して、直径が小さい下水道管の画像を分析し、分類した次の状態の評価報告書を作成する」と説明した。 

「Pipe Sleuth」を使用する前に、従業員がCCTV映像を直接確認し、これにより、検出された欠陥のタグを指定する必要があった。次にプロのエンジニアがその画面を見て欠陥を分類した。多くの時間を消費して非効率的なプロセスであった。 

3.Kaiser Permanente

予測分析の目的:患者の死亡率の減少

カリフォルニアの大型医療機関Kaiser Permanenteは予測アナリティックスを活用して、健康状態が急激に悪化することがある一般的な患者を識別するための病院のワークフローツールを構築。

この病院で突然集中治療室に搬送しなければなら一般の患者は全体の患者の2〜4%に過ぎないが、全体の死者のうち20%を占めている。 

Kaiser Permanenteで開発した「Advanced Alert Monitor 通称:AAM」システムは、3つの予測アナリティックスモデルを活用して、特定の患者の電子カルテで70以上の要因を分析して、複合リスクスコアを生成する。

「AAMシステムはバイタル統計、検査結果、およびその他の変数などを総合して分析し、手術室と回復室の患者の時間ごとの状態の悪化のリスクスコアをつける」と述べた。 

予測分析の開発の際は、是非ご参考にしてみてください。