DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

RPA普及に伴う,新人材の最高自動化責任者(CAO)とは?

最高の自動化責任者(CAO、Chief Automation Officer)の役割は、適切な人材と技術を配置して、ビジネスプロセスを自動化するものである。 

産業全般で「自動化」が大きな話題だ。自動化方案を模索する企業が増加し、これを組織に合わせて効率的に提供することができる戦略的なリーダーの役割も重要になっている。 

自動化は、人が行ってきた単純な繰り返し業務をIT技術で置き換えることをいう。ハードウェア側で見ると、これは工場や倉庫にロボット工学とAI技術を適用することを含むことができる。ソフトウェア面では、RPAと開発オープスとセキュリティでのテストの自動化などがある。これにより、従業員は、ルールベースの基礎作業を減らし、業務の効率性を向上させることができる。 

CAO職の損傷は、最近、多くの企業では、ビジネスアジェンダで推進されているデジタルトランスフォーメーションの脈絡を共にする。多くの組織が、デジタルトランスフォーメーション戦略を策定するIT意思決定者を支援しようと「最高デジタル責任者」あるいは「最高データ責任者」の役職を作ってきた。

CAOは、自動化ツールをはじめ、自動化、ハードウェアとソフトウェア正統であるという長所がある。自動化を活用しているオペレーティングロードマップを提示しながら有用な戦略的な視点を提供することができるという点でCAO職への関心も一緒に表示されている。 

CAOの役割は何ですか? 
企業プロセスの自動化を全体的に監督することがCAOの基本的な役割である。CAOは、適切な技術で、ビジネスプロセスを自動化しようとするすべての試みを導くことに注力しなければならない。 

また、CAOは、組織が迅速かつ持続可能なデジタルトランスフォーメーションを達成するためにサポートしなければならない。この時、CAOの役割は、ワークフローを最適化すると同時に、ビジネスの適切な領域に適用するものである。つまり、組織全体に効果的に自動化を導入し、これが有機的に運営されるようにしなければならない。 

組織に既に自動化関連の戦略がある場合は、CAOはこれを履行するか、あるいは最新の化すべきである。あるいは技術開発とセキュリティポリシーに至るまで、ITとビジネスの要件の両方を含む自動化計画を策定することができる。 

組織にCAOが必要だろうか? 
現時点でCAOと職責はまだ初期段階にある。一部では、約2015年度からCAOの重要性に言及してきたが、今日でも一般的な職責ではない。しかし、業務効率の向上のために需要があり、それに応じて新たな種類のC-レベルの役職を作成するには、組織の場合CAOの重要性に共感し始めるだろう。 

CAOとCDO(最高デジタル責任者)の役割が似てないかと言う人もいる。両方の位置の両方のデジタルトランスフォーメーションの達成を目標に置いているからである。しかし、CAOとCDOはかなり異なっている。CDOは、一般的に、組織文化とプロセスをデジタル化し、デジタルトランスフォーメーションをもたらすならば、CAOは、ビジネス戦略に合致する適切な技術を配置する。 

また、CAOは、IT部門だけでなく、企業の観点からも、意思決定を下すことができる。これにより、全体的なビジネス戦略と一致する自動化のロードマップを策定することができる。 

いくつかの自動化を導入しなければならず、プロセスがどのように配置されなければするか苦心している組織であれば、CAO採用を慎重に悩んでみることができだろう。 

もちろん「デジタルファースト(Digital-first)」会社に近いならば、現時点でCIOとCDOだけで十分であるとみなすことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。