DX関連ニュースや事例、ソリューションのご案内。

ユニ・チャーム、消費者インサイトシステムで商品戦略とテーマ探索でDX推進

「Purpose(自社の存在意義)」であるSDGsの達成に向けDXでスピードをもって対応し企業価値向上に繋げる

ユニ・チャームグループでは、情報技術の進歩とともに、生活者のニーズや購買行動が多様化するなか、企業理念「NOLA& DOLA(世界中の全ての人々に快適な生活を提供する)」のもと、これまでの経験や、そこで培った知見のみに頼るのではなく、データ分析から購買行動を可視化して、生活者個々のニーズに合ったマーケティングを実践する必要があると考えています。


「NOLA」では生活者を不快から解放し生きる喜びや楽しさを感じていただき
「DOLA」では生活者の「夢」の領域を満たす商品やサービスを開発することで
「最も信頼されるブランド」になることを目指しています。

消費者インサイトシステムで商品戦略とテーマ探索への活用を推進

中国デジタルイノベーションセンター(DIC)におけるSNSやeコマース等の口コミや投稿データを収集、蓄積、統合するデジタル基盤を活用することによって、早く、広く、深く、消費者の理解の促進に繋げ、商品上市後の消費者インサイトの検証スピードをアップし、商品戦略の成功確率を高めます。また幅広い世代のデータを活用し新しい市場機会発見のスピード向上を目指します。

最先端テクノロジーを活用し働く人のやりがいを追求

最先端テクノロジーを活用した、スマート工場では設備の監視・制御システムや資材搬送の自働化、箱詰め工程のロボット化と、我が社の強みの伝承による「カイゼン」で製造原価の低減・抑制に努めています。
・働く人を不快から解放
・単純作業・繰返し作業をゼロ
・身体に大きく負荷がかかる作業をゼロ
・コストダウン
で働く人のやりがいを追求しています。

コロナ禍における取組

【社会に対しての事例】
コロナ禍において対面でのサポートが困難な中、出産・育児不安を抱えるプレママ・プレパパを支援する「online(オンライン)ムーニーちゃん学級」をムーニー公式Instagramで開催し、オンラインでのサポートを実現しました。


【社内に対しての事例】
2016年より災害等のクライシスを想定し「シンクライアント」を導入、
コロナ禍でもスムーズに「リモートワーク」へ移行。社員一人ひとりが最
も成長し充実して輝けるような、人生の使い方=働き方ができる環
境を推進しています。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。