DX関連ニュースや事例、セミナー、コンサルティング会社のご案内。

XRヘルス、遠隔医療とVRを結合。大規模な投資誘致に成功

新型コロナウイルス感染症の事態に注目される遠隔医療にバーチャルリアリティ(VR)を結合したスタートアップが大規模な投資誘致に成功した。4月22日(現地時間)は「XRヘルス」が700万ドル規模の投資を誘致したと報道した。

この会社は、VR技術をより実用的で現実的に現場に活用できるようにすることに集中してきたが、最近の医療システムの崩壊や移動の制限などのコロナ19事態で遠隔医療をより効果的に行うことができる技術でVRの価値を証明していると報道は伝えた。

XRヘルスがお披露目した製品は、具体的にVRヘルスケアソフトウェアプラットフォームである。このプラットフォームを介してソフトウェア開発者は、様々な痛みに苦しむ患者のために、様々な有用な情報や対処法を得ることができるようにしてくれることができるという説明だ。一般の利用者は、VRヘルスのハードウェアを利用してすぐに、これらのサービスにアクセスできる形態である。

今回の投資は、ブリッジスイスラエル、フリントキャピタル、20/20ヘルスケアパートナーズなどが参加した。このスタートアップシード投資400万ドルをはじめ、現在までに1500万ドルの投資を誘致した状態である。エラン登るXRヘルス創業者は「VRは、その中に、ゲームでのみ使用することができているという認識が強かった、これを打開することが、私たちに大きな課題であった」とし「今月末には500以上のソフトウェアが(私たちプラットフォームに基づいて)線になるだろう」と述べた。